脱毛サロンは妊娠したら通わない方がいい?

MENU

妊娠中の脱毛について

脱毛サロンによっては、脱毛期間中に妊娠した場合、脱毛をお断りする事が多いですがどうしてでしょうか?

 

妊娠初期には、女性の体が赤ちゃんを異物とみなして、不安定な状態になります。

 

顕著に表れる症状として「つわり」等が見られますが、このような状態の時に脱毛をすることは危険です。
ただでさえつわりは精神的にも体力的にも消耗します。そんな状態での脱毛はやはり良くないのです。

 

また脱毛サロンでの施術が刺激となり、子宮収縮になることもあります。
それが原因で流産や早産などあってはならないことです。

 

妊娠中は様々なトラブルが起こる可能性があります

また、妊娠すると女性のホルモンのバランスが崩れてしまう事も多く、

お腹が出てくると脱毛で数時間同じ姿勢を取り続ける事が難しくなることも多いです。
更に、同じ姿勢や子宮収縮、光脱毛やレーザーによる胎児への影響も心配されます。

 

もう一つ、妊娠中に脱毛しても効果が現れにくくなるという報告もありますので、無理して脱毛する必要はありません。

 

このようなことから、脱毛サロンでは、妊娠が判ったら施術中止になるのです。
脱毛サロンによっては、一部、脱毛ができる所もありますが、安全面を考えると妊娠中の脱毛は控えた方が良いでしょう。

 

サロンによって対応は様々。気になるようなら各サロンへご相談を

妊娠してからの対応は、脱毛サロンによって異なります。
例えば、月額制の脱毛サロンでは、休止期間を設けていて、妊娠し出産してから脱毛サロンでの施術を再開できるシステムがあるのです。
他にも、妊娠の場合解約料が無料という場合もありますので、サロン単位で確認することが必要です。

 

 ミュゼ【ららぽーと富士見店】で安心で快適な脱毛をトップページに戻る